納涼お楽しみ会2018(PTAのお手伝い)

あまりの暑さに呆けているうちに2学期が始まっちゃいました! 広報おやじです。
かなり時間が経ってしまったんですが、7月14日に開催された納涼お楽しみ会についてのご報告です。

納涼お楽しみ会とは。毎年この日限定で学校がお祭り会場になるという夢のようなイベント! ご存知の通り、PTAのみなさんが中心となって運営されているんですが、実はおやじたちもかなりの人数が駆り出され…おっと! おやじたちも全力でバックアップしてるんですよ~アハハ。通常のおやじイベントと同じくらいの人数が関わっていたってことは、もはや事実上のおやじイベントと言ってしまっていいかもしれませんね! ダメですか? あ、ダメみたいです。というわけで! 三松小PTAが全面的に運営する納涼お楽しみ会! 今年はどんな様子だったのか、振り返ってまいりましょう。

まずは準備。午前中から無慈悲に降り注ぐ日差しの中、テントを立てていきます。
広報おやじの小学生時代は「宿題は涼しい午前中に取り掛かりましよう」なんて言われたものですが(もちろんやりませんでしたが)、2018年の現在は午前にも午後にも涼しい時間なんてありません。早朝から深夜まで24時間オール酷暑! では、今の子供たちは一体何時ごろ宿題を済ませればいいんでしょうか? これはもう…仮に宿題が終わらなかったとしても仕方ないんじゃあないですかね。この夏発生する大体の問題は全て『暑さのせい』です。ほとんどの人が納得してくれます。だから先生もきっと…許してくれるハズ!

おやじたちがなぜカジュアルな私服姿なのかというと、この時点で正装であるおやじTシャツを着てしまうと夕方からの本番前に汗でビショ濡れになって使い物にならないからです。

 

完成したテントの中ではフランクフルト、焼きそばの準備が進行中! お祭り感出てきましたね。また、納涼お楽しみ会はキャンプファイヤーや花火など火を扱うイベントのため、万一に備えておやじたちも消火器の使い方について講習を受けました。

テントが日光を遮るとはいえ、大火力でフランクフルトを焼いてるわけで中はサウナ状態に。

焼きそばチーム。暑さに耐えかねて泣きだすおやじも…。ウソです汗を拭いてます。

江戸川消防署の方々に来ていただきました。ありがとうございます!

そうこうするうちに子供たちがやってきました! 納涼お楽しみ会スタートです。こちらは空調の効いた涼しい校舎内ですね。

諸事情によりぼかしだらけですが浴衣姿だけでお祭り感十分ですよ。

空調の恩恵は受けられないものの、校舎が影になってそれなりに凌げる輪投げ(手前)とスーパーボールすくい(奥)。

奥から焼きそば、フランクフルト、から揚げ、ペットボトルのドリンク、かき氷。ここは学校の校庭なのですが、完全にお祭りの会場ですね。

こちらは日没後の主役。出番はまもなくです!

子供たちの食事が済んだ後は出店とテントを素早く撤収し、キャンプファイヤーへ。

校長先生とPTA会長により、着火!

小さく見えるかもしれませんが、もう少し大きな井桁を組んだリハーサルでは大変なことになったそうで…。

低学年の子供は、こんな大きな炎を近くで見るのも初めてかもしれません。

キャンプファイヤーといえば歌ですね! 今年はなんと、先生方が多数参加して子供たちを盛り上げてくれました! 子供たちの心を掴むトークはお手の物ですが、歌といいギターといい多芸っぷりに驚かされます。さすが!

オドロキの豪華メンバーによる先生対抗歌合戦! 子供たちも大盛り上がり!

そしてこの日の最後を飾るのは花火! 江戸川近くで育ち、花火慣れしている三松の子供たち。そんな目の肥えたギャラリーをも魅了するおやじPTAの花火がこちら!

ドバババババババババ!!

ひゅ~~~~どーーーーーん! どーーーーーーん!

(お好きな音を思い浮かべてお楽しみください)

いかがでしょう? 江戸川花火にはもちろん敵いませんが、素人レベルは十分越えているんじゃないでしょうか! 花火担当はかなり手応えを感じていたようで、来年は更にスケールアップすると豪語してました! 予算、大丈夫ですか…?
そんな大人の思いはさておき、この日集まった子供たちの思い出に残る一日になったなら嬉しいです! では、今回はこのへんで。

 

 

運動会のお手伝い

60年目の運動会
勇気全力最後まで
勝利と笑顔をつかみとれ!

やー、暑かったですね~! 天気に負けずスローガンも熱かった!
運動会ご参加の皆さま、お疲れさまでした! 子供たちみんなの全力、しっかりと見せてもらいました!!
今年は第三松江小学校開校60周年というメモリアルイヤー。新校舎、新校庭すべてが揃い、パーフェクト三松小となった初めての運動会ということで、いつも以上に先生方のご準備も大変だったと聞いております。ありがとうございました! PTAの皆さんも運営のバックアップお疲れさまでした! そしてほんのちょっとだけおやじたちも頑張った運動会の様子を、振り返っていきましょう!

前日夕方の様子。既に先生方によって設営が進められています。

朝8時半ごろ。まだ観覧席は余裕がありますが午前中は日差しが厳しかったですね。

校舎建て替え工事により、昨年まで三中の校庭をお借りしての開催だった運動会。「去年はこうだった」という経験は一切役に立ちません。事前にわかっていたのは、

絶対暑い(ヤバい)

ことぐらいです。当日を元気に乗り切るために、そしてごく普通の平日である翌日月曜に疲労を残さないために! いかに暑さを避けながら子供の活躍を見守るか、場所選びが重要だったわけですが…
広報おやじが一日を過ごしてみて感じたのは、午後は2階がオススメ、ということ。風の抜けがいいし、何より日陰! さらにグラウンドからの視点ではどうしても見通しが悪くなりますが、2階からなら校庭全体が見渡せます。子供が出場している競技は近くで見たいというご意見もあるでしょうが、カメラのズームでバッチリ寄れますからね。高さがある分、表情も捉えやすいですよ。来年以降、参考にしてみてくださいね。
え、午前? 午前は…日差しからの逃げ場があまりないのでまあ、諦めましょうか。

今年は紅組の勝利! 最後の競技直前まで競った展開で、盛り上がりました!

さて、運動会は無事に終了しましてここからおやじの出番です。当日の間、会場周囲の見回りなども受け持っていましたが、やはり人手が必要なのは撤収作業。

テントの片付け。いっせーの、せ! でやらないと事故ります。

日本一有名な工具「バールのようなもの」でライン引きの目印となるマーカーを抜きます。校庭じゅうのあちこちに打ち込んであるんで、宝探しみたいでちょっと楽しかったです。

退場門を固定していたペグも抜きます。バールのようなものが大活躍!

よく「お家に帰るまでが遠足」なんて言いますが、「片付けが終わるまでが運動会」です。普段からイベントで学校設備をお借りしているおやじたち、お片付けは得意なんですよ! というわけで、運動会を(ちょっとだけ)手伝って気を良くしたおやじたちが開催する、今年度初のイベントが迫ってまいりました!


ヘイこの赤い物体の正体は何だい? 絶対に知りたい!(念のためにご説明しますが韻を踏んでます)

先ほども書きましたが、今回は校舎がパーフェクト三松小あるいは三松小(最終形態)に進化して初のおやじんぴっくです。今年の運動会を上回る、かどうかはおやじ次第ですが、大体それくらいの意気込みで準備を進めております!! この赤い物体の正体も、

6月16日(土)朝8時から

のおやじんぴっくで明らかになっちゃいますよ!(昨年のおやじんぴっくはこちら) うわ、これは気になるな~。おやじんぴっく見に行ってみようかしら、なんていうお父さん、そしてお母さんも! ご見学大歓迎です!! この前運動会に行ったばかりだし…なんて遠慮せず、ぜひ学校へお越しください! お待ちしてます!!

東四町会例祭

とても長い歴史を持つ香取神社。お神輿ご参加の皆さんお疲れさまでした!

はい、というわけで過ぎ去った夏を振り返る記事第二弾は、8月20日の東四町会例祭(神輿)についてのご報告です。
皆さん、この辺りの住所は「中央」や「松島」なのになぜ「東四町」会なのか、疑問に思ったことはありませんか。っていうかそもそも東四町の意味がわからない! とうよんちょう…どこ…? 特に気にならない皆さんにはどうでもいい情報ですが、広報おやじはすごーく気になったので調べてみました!

事の起こりは1962年(昭和37年)。「住居表示に関する法律」という法律が制定されました。それまで「地番」といって、土地ごとに番号を振って住所としていたものが、次第に入り組んで複雑になってきたので新たに住所をつけましょう、という決まりです。そもそも地番と住居表示の違いってご存知でした? 生まれてこの方賃貸暮らしの広報おやじはとんと存じませんでしたね。
まあとにかくこの法律を受けて、江戸川区内の各地でも住居表示が進んでまいります。地番は残ってるけど、今まで呼んでた住所とは違う新しい住所になったんですね。というわけでして1965年(昭和40年)、それまで「東小松川四丁目」であった場所が「中央◯丁目」または「松島◯丁目」という住所に変わりまして今に至るという、壮大な歴史大河ロマンがあったのでした(江戸川区HP 住居表示旧新・新旧対照表 内『昭和40年9月1日実施分から平成26年11月4日実施分まで』参照)。長いことこの辺りにお住まいの方々、特に持ち家の方々には「何を今更」っていう話なんでしょうが時の流れるのは早いもので、もう50年以上前の出来事です。今現在三松小の子供たちの親の世代が大体30-40代ですから、町名の由来について知らないって方も結構いるんじゃないでしょうか。おっと、意外と為になるなおやじブログ! 今度の井戸端会議でさっそく披露しちゃってくださいね! ついでにおやじブログのことも広めてくれてもいいですよ!

Google mapから1950年当時の地図(青文字は広報おやじ)。千葉街道の東南側が東小松川四丁目、五丁目。1958年開校の三松小(香取神社の北)はまだありません。


さて、ようやく本題のお神輿です。実は広報おやじ、またしても不参加でして…すみません。まずは朝9時半から12時まで練り歩いた子供神輿。これは千葉街道ですね。

子供神輿ながらスゴい重量感! 造形も細かくて超豪華です!

子供神輿についていく大太鼓の…山車? でいいんでしょうか。子供たちにとっては一歩一歩が貴重な体験です!

男の子のバチ捌きも、立ってる桃太郎も凛々しい。ここにも「東小松川四丁目」の文字が!

続いて午後は町会はじめ地域の皆さんが一体となって担ぐ大人神輿。おやじたちもいます!

勇壮! 普通じゃ体験できないことにも参加できるおやじの会なのです。


香取神社、夏祭りや初詣でも賑わってますね。その奥の方にひっそり鳥居が佇んでいるんですが、案内を読んで大変貴重なものと知り、腰を抜かす驚きをこらえてご紹介します。

なんと237年前からここにあった鳥居!! 幕藩体制ど真ん中!!!!

今は解体されてますがこの鳥居、1780年建立という小松川の生き証人! もうそろそろ教科書に載ってもおかしくないレベルの有り難さ! 旧町名でうろたえてる場合じゃない、江戸時代へと遡る驚異のタイムトラベル空間がこんなご近所に広がってたなんて! 1993年に解体となるまで、どれほどの景色を見てきたんでしょうねえ…。今はもう跡形もない三松小旧校舎なんて「まだまだ若いのに」って言われちゃいますね。
調子に乗って調べていたら江戸川区のホームページに貴重な資料・写真がたくさんあるのを発見したので、ご興味ある方はぜひ見に行ってみてください!